遺留分減殺請求は急いだ方がいい話(その①)

 遺留分というのは,簡単に言えば,相続人が最低限もらえる遺産のことを言います。しかし,遺言等によって,その最低限の遺留分すらもらえない状況に置かれることもあります。

 例えば,相続人が兄と弟の2人だけの際,亡くなった母が唯一の遺産である不動産を全て弟に相続させるという遺言を書いていたような場合です。

 その際,他の相続人である弟に対し,兄が自分の遺留分を確保しろ,という請求のことを遺留分減殺請求といいます。
 


    コメントを残す